2019年3月25日月曜日

新元号を予想してみました(平成最後のブログ)


新元号を予想してみました(平成最後のブログ)



皆様こんにちは。ネッチ・ジャパンの篠田です。

散歩ばかりしている「熱分析の散歩道」も、ついに平成最後となりました。

かけこみで、平成最後のブログを書かせて頂きたいと思います。

ネッチ・ジャパンを任されてから7年、おかげさまで右肩少し上がりの成長を続けて参りました。経営の難しいことは解りませんが、大切なのは事物の明確な認識と、将来の予想、そしてそれに対する的確な対応、だと思っております。そこには「勘」も重要で、「勘」を磨くためには、日頃仕事に関係ないことでも未来予想をおこなうことも練習となります。

 そこで今回は、ずばり、次の年号の予想です(笑) つまりこれがやりたかったのですが、少し苦しい前振りでした。

 まず、年度末で忙しい社員の意見を聞いてみました。

 

Aさん:アルファベットで、HSTMで始まるのは除外されるのではないでしょうか?履歴書など年号が省略して書いてあるのは、重複すると困るでしょう?



なるほど、リケジョらしい答えです。目からうろこでした。

アルファベットでさらに無いだろうという文字を除外していくと、最初の文字は

A,B,D,E,F,G,I<J,K,L,N,O,R,U,W

に絞られます。



息子:“ジョンタイターの予言”だと「安始」(アンジ)だよ。

私:はいはい、シュタインズ・ゲートにも出てくるやつね。予言が外れると、パラレルワールドのこっちではこうなっている、と言い逃れるアヤシイヤツだろう。



でも、これで「安」は、候補から外れたのではないでしょうか?巷のアヤシイ予言の通りになってしまったら困りますよね。それぐらいはリサーチしているのではないでしょうか?



Bさん(中国の方):歴史的にWARの反対の意味の漢字じゃないかしら。それに加えて、economic development の意味があるといいよね。



これかなあ、と「富」という字をホワイトボードに書いてみました、それともこれかなあと、「」も書いたら、少しウケました。ちなみに発音は「金」と同じそうです。



オーディエンスはこれくらいにして、次は年号を決められる方々のバックグランドからの予測です。宮中には今も陰陽師の子孫がいて、その意見が重要視されているとすると、陰陽五行説にもとづく推測もできるわけです。

もう四十年ほど前に読んだ本でおぼろげな記憶なのですが、音による漢字の五行の見分け方、いうのがありました。それに「アヤワ土、サ金、ハマ水、タナラ火ぞ、カは木と定め音に従う」というのがありました。あと、奇数は陽、偶数は陰ですね。

なお、皇室は、易経を必須科目として習われていることと思います。易経に五行の記述はありませんが。中国にも易性革命という思想があります。

これに従って近々の年号を調べると、

文化           文政           天保           弘化           嘉永    木 

安政           万延           文久           元治           慶應   

明治           大正           昭和           平成   

おやっ、火と金と土が異様に少ない。木と水ばっかりですね。

しかも、火とした大正は期間が15年と短く、関東大震災がおきています。天保も天保の大飢饉で有名ですね。タ行、ナ行、ラ行は忌むべきものとされるかも知れません。

その意味では、「天」も「大」も無いでしょう。

あと画数は前後ほとんど同じですね。

 ちなみに、「明治」の「明」は「明の宮」からとられたのだと思っております。明の宮 白峰神宮は、崇徳上皇様をまつったところで、香川県から白峰神宮に勧請して数日後に明治の改元をしているのです。崇徳上皇没後約700年のことで、昨年はその150年後であります。

思えば大正天皇のご称号は明宮(はるのみや)でしたし、近世になっても(今も)いかに皇室が御霊鎮めに心をくだいていたかがわかります。ということで、明かそれにちなんだ一字は入れたいところです。二字目でしょうか?

 一字目は、易経の「開物成務」という言葉が好きですので、それからとって「開」。

 新元号の予想は「開明」ということで。(あたったら、いいね!を)

2019年3月5日火曜日

ジャッカルの日


 往年のアメリカ映画に「ジャッカルの日」というのがあります。フランスのドゴール大統領の暗殺を企む謎のスナイパー「ジャッカル」と、フランス警察の息をのむサスペンスなのですが、記憶に残る名シーンに、「ジャッカル」が傷病軍人に偽装し、松葉づえに狙撃銃を仕込んで警戒線を突破するというのがありました。映画の中では、暗殺があわや成功すると思いきや、寸前でフランス警察に踏み込まれ、先頭の警官は撃ったものの、次発装填している間に射殺されてしまったのでした。子供心に、この銃は連発じゃなかったのか、連発だったらどうなっていたのだろう、と思いました。ゴルゴ13が、本来狙撃に向いていない自動小銃アーマライトM16を改造して使用しているのは、この映画を見ていたからに違いないと思います。それ以来、松葉づえを見ると、この映画のことを連想します。

 きわめて、長々と前振りさせて頂きましたが、何を隠そうこの私も、先々週より生れて初めて松葉づえのやっかいになってしまいました。受傷了!全治2ヶ月の「肉離れ」なのですが、何となく格好悪いので、「ヒフク筋の断裂」と申しております。ドイツのミーティングから帰ってきた翌日で、長時間のエコノミークラスで、足の筋肉が固くなっていたのかもしれません。病院から松葉づえをいつまでも借りているのも何ですので、マイ松葉づえを通販で購入したのですが、とにかく、会社に来るだけで一苦労です。弊社の新子安のラボにおいで頂いた方はご存知だと思いますが、とにかくUPDOWNが激しいのです。片道1時間半がどう頑張っても2時間かかります。せっかくエレベーターの所にたどり着いても、どう考えても階段で行けるでしょう、という方々が一杯で、使えない事も多々あります。JRでは良く席を譲ってもらえるのですが、有楽町線など皆疲れているのか、優先席の前に松葉づえで立っていても、まず席は譲ってもらえないことがほとんどです。なお、弊社の最寄り駅は新子安ですが、タクシーで行く場合は「東神奈川」の方が便利なのに気づきました。(豆知識です。)一時なりと、不自由な方の目線で物を見る機会が得られたというのは貴重な経験だと思いました。

ともあれ、「受領は倒るるところに土をも掴め」と申します。せっかくの機会ですので、松葉つえを用いた最適最速の歩行、を模索中です。最適、の意味は、最も疲れない、省エネルギーの意味です。社員の迷惑を顧みず、行ったり来たりして施行した結論としては以下の通りです。杖を前方に差し出すときできるだけ水平に(もちろん障害物には注意して)、地面にすれすれに大きく差し出す、そこを支点として体を前に移動するのですが、ほぼ前に倒れるように動き、そこですかさず、杖を再び前に出す、という一連の動作がもっとも効率的、というものです。やってみて連想したのは、(ジンギスカン時代の)モンゴル軍の騎馬の走法です。なるべく上下動を抑えるので、人馬の疲労が抑えられ、一日の移動可能距離が大幅に増えるのです。何ごとも、目標に到達するために最適なプロセスの探求というのは極めて重要です。

 プロセスと言えば、ネッチ社の中で最近急速に売り上げが伸びているものの中に、“プロセス解析”という分野があります。その中で特に有用視されているのが、誘電分析(DEA)というものがあります。これは一言でいうと硬化(キュア)モニターで、エポキシなど熱硬化性樹脂の硬化挙動を硬化終端まで定性的に計測できるものです。原理を簡単に申しますと、くし形電極が互いに差し込まれるような形で近接して、キャパシターを形成しているとします。電極間に一定周波数のAC電圧を加え、応答として振幅と位相情報をもったAC電流が計測されます。硬化に伴って、樹脂の中の双極子モーメントやイオンが動きにくくなるのですが、これが計測される複素誘電率に反映されます。その逆数をイオン粘度と呼んでいるのですが、これがレオメーターなどで測定される粘度の硬化挙動と“定性的に”一致します。ただし、レオメーターの場合は、ゲル化点を越えては測定できないのですが、DEAでは硬化終端まで硬化挙動を追えるメリットがあるのです。それに金型にセンサーを組み込んでin situ で計測できるのが魅力です。ドイツの本社の方では圧力センサーで有名な、Kistler 社とコラボして、圧力センサーで金型が充填されたのを見ると同時に、DEAセンサーで効果の良・不良をリアルタイムでモニターする、ということをやっているようです。さらに、この測定結果をKinetics Software で解析するサービスを行い、最小の投入エネルギー、最短の時間で、目標とする品質の製品を製造するプロセスのアドバイスするコンサル業務が新しいビジネスとなっているのです。日本でも年内上陸する予定ですので、乞うご期待、です。

  さて、本年は占いでは地震の頻発する年だとも申します。めったに無い怪我をして、とっさの地震で同じように怪我をしても、自身もしくは周囲の人に応急処置などできるよう、普段から心がけようと思う今日この頃でした。





 


2019年1月8日火曜日

小確幸~小さくても確実な幸せ


2019年新年のご挨拶


新年あけましておめでとうございます。ネッチ・ジャパンの篠田でございます。旧年中は大変お世話になりました。本年も何卒宜しくお願い申し上げます。
 皆様は平成最後の大晦日をいかがお過ごしだったでしょうか?世の中にはいろいろな年越しがあるもので、フランスの何とかいう遊園地では、振り子型の絶叫マシンが地上52メートルで停止、閉じ込められた8人がそのまま新年を迎えるなんてニュースもございました。
思い起こせば、昭和最後の大晦日は、家族麻雀で、「平和」裏に年を越すことができましたが、今年は受験生の息子にリーチがかかっておりまして、無事中牌をそろえられるか、手に汗を握る今日この頃です。“Got talentなどで、小学生くらいの子がオペラを上手に歌うのを見ますと、まるで、「天和(テンホー)」みたいで、これが何度も繰り返されると「ふざけるなー」とも言いたくなるのですが(映画「麻雀放浪記」の一シーンです)、さほど取り立てて才能があるわけでない、その他大勢としては、一生懸命勉強するしか無いですね。もうすぐセンター試験ですが、これが解いてみると意外に難しい。ほとんどの人が満点近く取れて差がつかなかった、共通一次試験とは大違いでした。一方で、参考書の質が大変上がっているのにも驚かされます。坂田薫さんの化学の参考書など非常に解りやすく、社会人にもおすすめです。東大出の才色兼備の先生で、スタディサプリの映像授業も、見ていても楽しい、いや楽しいと聞いております。
 さて、昨今はお隣の韓国・北朝鮮にあおられるニュースが多いのですが、その韓国で昨年の流行語が「小確幸」だそうです。これは、村上春樹氏の造語で、“小さくても確実な幸せ”という意味だそうです。
村上春樹氏の文体には私はなじめないのですが、この「小確幸」という言葉が熱分析メーカーの私の心に少しぐっと来ました。ご存知かと思いますが、ネッチ・ジャパンは旧ブルカー・エイエックスエス株式会社の熱分析機器事業部を、ドイツのネッチ社が事業取得して7年前に設立した会社です。それまでは、熱分析機器事業部は、NMRとかX線とか、質量分析計といった花形の大きな分析装置の陰で、さして目立たず地味かつ堅実に業績を伸ばしておりました。独立してからは、ラボの規模も倍となり、世間の好景気もあいまって多少好調であることは違いないのですが、それでも地味であることには変わりはありません。これは、熱はエネルギーの一番使えない形態、エクセルギー最小だからなのかもしれません。熱の問題は、社会の律速であります。逆に言うと熱の問題を少しでも解決できれば、社会の底上げにつながるのかも知れません。確かな熱分析装置、熱物性測定装置の社会への供給を通じて、省エネルギーと社会のエントロピーの増加スピードを減速できればと思います。ネッチのカラーは深みのかかった、グリーンで、エコなイメージです。弊社の装置をより広めて、業界を「緑一色」で染められればと思います。
 地味で小規模だけれども、結構大切、そんな熱問題のソリューションを日々提供し続ける熱分析メーカー、ネッチ・ジャパンを本年も何卒宜しくお願い申し上げます。


2018年11月29日木曜日

名古屋ナモ締め

最近すっかりご無沙汰しております。篠田のブログです。

先週は、名古屋で開催されました熱物性学会シンポジウムに行って参りました。
ウィンク愛知で3日間開催されましたが、名古屋駅周辺は今世紀に入ってすっかり
様変わりで、半世紀前に愛知県から東京に出たころとは隔世の感があります。
名鉄の屋上で食べた肉入りお好み焼きと、みたらし団子の味が忘れられず、東京でも
それらしいのを食べてみましたが、似ても似つかない味でがっかりしたのを覚えて
おります。もう一つがっかりいたしましたのは、東京では良い書道の先生にご縁が
無かったことです。
 
愛知では近所に高木桑風先生という有名な書道家がいらして、ひらがなは先生に教えて
頂きました。長じて知ったのは日展の審査員までされていた偉い先生で、けっこう贅沢
な環境だったのです。それ以来書道はやめてしまったので、書の事は良く解りませんが、
 中国風の筆遣いと言われることがあります。そう言えば王義之調のような気もしますし、
刷毛筆で、悉曇文字の練習をするときに、何か似ているような気もします。やはり、
良い師とのご縁があるということは何事も重要です。

熱物性では、私の師匠はNETZSCHBlumm社長と、馬場哲也先生ということになりますが、
AC比熱測定法に関しては、大学の頃にお茶の水女子大の池田先生に教えて頂きました。

今回のシンポジウムの懇親会では、八田一郎先生とお話する機会がありましたが、
(池田君には私が交流法を教えたのだよ)とおっしゃられましたので、では私は先生の
孫弟子ですね!と勝手にAC比熱で八田先生の孫弟子になってしまいました。

AC法の良いところは、以前のブログでも書きましたように、交流で与えた熱入力に対
する応答をLCA(ロックインアンプ)で検出しますので、測定のための熱入力を極めて
小さく抑えることができることです。従って相転移近傍の物質のふるまいを見るのに
うってつけです。学会では、ACで比熱ではなく、熱伝導率を測定する発表もありまして
興味もあったのですが、1測定で(等方性黒鉛1㎜厚で)どのくらい温度が上がるか質問
しましたところ、10Kくらいという回答で、少しがっかりしました。フラッシュ法でも、
 JISの推奨では、温度上昇の上限は、3K以内です。測定で温度が上昇しすぎると、特に
熱伝導がフォノン起源のものですと、熱拡散率が絶対温度に反比例して低下しますし、
また、IR検出器の出力の温度上昇にたいする線形性もくずれてきてしまいます。AC法の
全てがそんなに温度上昇するわけではないと思いますので、ユーザーに皆様は、常に
どの程度温度上昇するかは確認した方が良いと思います。

学会の特別公演は、名大の森島邦博先生の『宇宙線イメージングによるクフ王の
ピラミッド内部における新空間の発見と広がる応用』とトヨタ自動車株式会社の
濱田公守氏 『トヨタの車両電動化戦略とパワーエレクトロニクス技術のブレーク
スルーへのチャレンジ』で、どちらも大変興味深く聴講させて頂きました。

濱田様のご講演では、乗用車はEVで、水素インフラが整備しやすいバスやトラックは、
FCVでというコンセプトには、成程とは思いましたが、少し驚きましたのは、EV化に伴
う電力使用量の増大は別問題と割り切っておられることでした。この点はどうなって
しまうのか、本当に心配なところです。ご講演の内容は大変面白く、熱ストレスの問題
など、いろいろわが社も活躍の余地はありそうだと思いました。

懇親会は、名古屋めしも良かったのですが、圧巻はやはり、名大の学生さん達による、
名古屋ナモ締め!(なも、なも、なも、なも、なも、なも)ってご存知ですか? 
締めといっても全然締まらないように思えましたが、そこが良いのかなも。
今年の会社の忘年会はナモ締めで。


ネッチジャパンサイトはこちら
https://www.netzsch.co.jp/

ネッチ最新イベント情報はこちら

https://www.netzsch.co.jp/event/

ネッチの関する各種お問い合わせはこちら

https://www.netzsch.co.jp/contact/